下戸を克服する方法!

こちらでは下戸を克服する方法をお伝えしています。

お酒が飲めないと楽しめない?下戸を克服するには?

f:id:geko119:20180622181815j:plain

もしかして、あなたも下戸でお悩みですか?

宴会などお酒の席で飲めないとなると酔うことはできません。

当然、下戸の人は酔っていないので会話も弾まず、楽しみにかけてしまいます。

特に合コンなど男女の出会いの場で飲めないとシラケてしまう場合もあるでしょう。

もちろん、下戸の人が無理に飲んでしまえば気分が悪くなったり、頭が痛くなるので何かしら対策したいところですよね。

そもそも、なんで下戸の人はお酒が弱いのか?

その理由としては、アセトアルデヒドが大きく関係しています。

お酒を飲むと肝臓で処理されるのですが、その際、アルコールから分解されアセトアルデヒドに変わります。

このアセトアルデヒドは、毒性が強く、頭痛や吐き気、顔面紅潮などの不快な症状を引き起こします。

なぜ、下戸になるかと言えば、アルコールの分解能力には個人差があるためです。

つまり、アルコールの分解能力が優れている人は、多く飲んでも問題ないですが、そうでない人はコップ一杯のビールでも顔が赤くなったり、頭痛や吐き気を起すというわけです。

また、アルコールの分解能力は遺伝も関係があり両親ともに飲めない場合は、その子供も下戸になる確率は高くなるでしょう。

一般的には下戸を克服するのは難しいと考えられています。

ですが・・・

「下戸を克服してお酒が飲めるようになる方法」

というレポートが紹介されています。

著者の坂上太一氏によると・・・

アルコールパッチテストで医者から下戸認定されたアルコール代謝能力なしの下戸な私がたった2時間で酒豪になったというのです。

また、それだけでなく二日酔いにもならなくなったというから驚き!!

もし、下戸を克服したい人は、この方法を試してみるのもいいと思います。

お酒が飲めるようになり、気持ち良く酔うことができれば、この先、楽しい人生が待っているかもしれません。

詳しくはこちらを確認してください。

⇒下戸を克服する方法はコチラ!